« 杖の体験 | トップページ | 身体AとB »

電磁波

  先ごろ「Bhado」(美波動)という電磁波対策グッズを教えてもらって購入した。これは、キャッシュカード大(商品の種類によって形状や大きさは異なる)のアルミ合金版で、ちょっと見たところ単なるプレートである。
  何でも物質の斥力の原理を用い、正のエントロピーをもつエネルギーを中和または緩和し有益なエネルギーに変えるというふれこみである。

  パソコンや携帯電話の電磁波を防ぎ、分電盤や車のエンジンに貼り付けると、電気代や燃費が安くなるというのである。その他身に着けると顕著な効果として、体温が高くなるとか電磁波過敏症が治まるとか、あるいは煙草やコーヒーや食品の味がまろやかになるという。

  コーヒーで試したところ、確かにえぐみがなくなった。知人が飲んでいたインスタントコーヒーを上に置くと、粉っぽさが消えて苦味が減ったといわれた。

  この製品がどういう方法で作られているのか皆目わからないが、何かの効果らしきものはあるらしい。分電盤に貼ってみると、ある部屋のずっと暗かった電気が明るくなった。あるいは何か他の要因だろうか。

  製作者は広島に本拠を持つたぶん中小企業で、川上さんという社長の顔が印象的だった。額に白毫相のような大きなイボ?がある。これは商品開発をし始めてから盛り上がってきたものだそうで、吉相だろう。ちょっと異様な感じもしないではないけれど、歴史的にも偉人はどこか常人と違う相を持っている(釈迦、孔子、劉邦など。朱元璋に至ってはお化けのような肖像画が残っている)。

  件の知人には、「えっ、こんなものに○千円も投じたのか」と驚かれたが、ぼくは少年の頃から孤狸庵先生遠藤周作の読者である。好奇心は永遠なり。何が悪いか。

     風海

|
|

« 杖の体験 | トップページ | 身体AとB »

宇則齋志林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/46062683

この記事へのトラックバック一覧です: 電磁波:

« 杖の体験 | トップページ | 身体AとB »