« 機械あれば機事あり | トップページ | 個人名 »

炭酸水

  ビールを飲むと酔いつぶれるという事態が頻発しているのでお酒にはうかつに手を出せなくなっている。ただ、その代わり炭酸水を飲んでいる。近くの店に売っているサッポロ「おいしい炭酸水」や「ゲロルシュタイナー」、「クラブハウスソーダ」などである。

  ゲロシュタはかなりの硬水で、あれくらい硬度があると、普通なら飲めたものではない。ところが、炭酸が入っていると、なぜか飲めてしまうから不思議である。水の味自体としては、もう少しまろやかな方が好みであるが、鉱物質に富んでいるので体にはよさそうな雰囲気である。

  とはいえ、日本にはあまり硬い水が存在しないので、日本人の身体には軟水の方が合っているだろう。ということは、あまり硬水を飲みすぎるとよくないかもしれないということである。中でもカルシウムが危ない。カルシウムは必須のミネラルであるが、摂り過ぎるとかえって悪さをすることがわかっている。カルシウムはマグネシウムと一緒に摂るというのは、今や常識であろう。

  それはともかく、この頃朝晩炭酸水を飲む。朝目が覚めて喉が渇くようになっているので、冷たい炭酸が心地よいのである。夜は風呂上りに一杯で、やっていることはビール党と同じである。構造は同じだが、内容が違う。つまり安く上がる。ゲロシュタはかなり高い方だが、それでも500ミリペットボトルが150円くらいである。ビールなら、350ミリ缶が250円以上はするだろう。

  ところで、来月「有朋遠方来」で友人がやって来て、確実に少し多めに飲むことになっているので、今から徐々に飲めるようになっておかなくてはならない。安いウイスキーか何か買ってきて、炭酸水で薄く割ったものを少しづつ飲むことにでもしようか・・・。

   風海

|
|

« 機械あれば機事あり | トップページ | 個人名 »

宇則齋志林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/45645335

この記事へのトラックバック一覧です: 炭酸水:

« 機械あれば機事あり | トップページ | 個人名 »