« 個人名 | トップページ | 無限責任というもの »

インドの青鬼

  今日もビールの缶詰を飲んだ。「インドの青鬼」といって、18世紀にイギリスがインドを支配していた時代、インドへ向けての航海の間、悪くならないビールということで開発されたものだという。それを、日本で再現した。

  インドの青鬼は、ヨナヨナと同じ長野のヤッホーブルーイングの製品で、ホップの香りがヨナヨナに近かった。ただ、苦いと書いてあった通り、少々苦味がきつかったようである。

  ビール好きにはこたえられないとも書いてあり、これは旨そうだと思ったが、結論から言えば、ヨナヨナの方が好きかも知れない。エールとしてイギリスのアボットなどにも負けていないし、香りが高い割に料理の風味を邪魔しないのがいい。

  とはいえ、青鬼は記念すべきビールである。なぜなら、今日は酔いつぶれて寝ることがなかったからである。今日も350ミリ缶を半分しか飲んでいないから、量は大したことないが、青鬼はアルコール度数が7%もあるのだ。

  飲む前は、青鬼の姿がちらついてそのままノックアウトになったら困るなと思っていたが、そういうこともなく今に至っている。

       風海

 

|
|

« 個人名 | トップページ | 無限責任というもの »

宇則齋志林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/45656463

この記事へのトラックバック一覧です: インドの青鬼:

« 個人名 | トップページ | 無限責任というもの »