« 万年筆の調整 | トップページ | ごみと氣の関係 »

トンネル

  最近どうも不調だった。長いトンネルに入ったかのように、疲れが抜けずだるさが続く日々であった。あまつさえ、原因ほぼ不明の腰痛にもなった(ほぼ、というのは、腹這いになっていて起き上ったら痛くなっていたので、原因はそれではないかとも思うからである)。すべて、金環日蝕の前後からである。

  それが昨日あたりまで続き、今日も朝少し「雰囲気」があったものの、午前中数時間にわたり書き物をしているうちに元気になってきた。机に向かって背中を丸めていると、例外なく肩から腰にかけてバリバリになってしまうものだが、今日は少し張りがあるかなという程度であった。腰痛の後遺症もほとんど消えていた。

  これで完全復活かというと、それは甘いのかもしれない。ただ気分的には、金環日蝕によるエネルギーの影響下から脱したという感じである。それと関係するのかしないのか、近く大きな地震が来るかもしれないというお話があった。その予言も先週までくらいという、ゆるい限定であったから、本格的に「今週」が始まった今日あたりから、トンネルを抜けたように思われる。

   風海

 

|
|

« 万年筆の調整 | トップページ | ごみと氣の関係 »

宇則齋志林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/45447406

この記事へのトラックバック一覧です: トンネル:

« 万年筆の調整 | トップページ | ごみと氣の関係 »