« 偏愛する音楽 | トップページ | ある講座 »

偏愛するアニメ

 アニメ『ルパン三世』の声優陣が一部交代するという。 ルパンの栗田貫一さんと次元の小林清志さんはそのままで、銭形警部が納谷悟朗さんから山寺宏一さんへ、石川五右衛門が井上真樹夫さんから浪川大輔さんへ、峰不二子が増山江威子さんから沢城みゆきさんへ、という変更である。

 これが吉と出るか凶と出るか。『ルパン三世』は今日までぼくの偏愛する数少ないアニメの一つであるから、色々な思い入れがあって正確には評価できないところもあるが、ルパンの声優は、俳優と同じ価値をもつと思っている。

 つまり、実写ドラマの俳優陣がストーリーの枠だけ残して入れ替わった感じなのである。故
山田康雄さんは、自分は役者であると言い続けておられたという。事実そうだったのだろうが、それが反映して、ルパンのオープニングのテロップは、映画などの出演者紹介のような作りになっていた。

 こういう、トランスする作りになっているものが、ぼくはどうやら好きらしい。しかし、出来上がっている世界を、どう崩し、何を入れるかというのは、案外難しいのである。

   風海

|
|

« 偏愛する音楽 | トップページ | ある講座 »

宇則齋志林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/42547740

この記事へのトラックバック一覧です: 偏愛するアニメ:

« 偏愛する音楽 | トップページ | ある講座 »