« 祖父の武勇伝 | トップページ | アヴァン・ゲール »

ホットスポット

 パワースポット、というものがある。ぼくはよく知らなかったのだが、何某の神社や巨石、樹齢何百年という大樹のあるところなど、ある種のパワーが満ちているとみなされる場所を、そう呼ぶのである。そして、そういうところを訪れるのが人気なのだという。

 たしかに、神社やお寺など場所によっては極めて清浄な氣の満ちているところがある。また木や石の発するエネルギーというのも、分かる人には分かるだろう。そうして、そのような場所にいると、身体や精神が感応して、高揚した気分になったり、爽快な感じがしたりするものだ。リフレッシュ効果である。

 しかし、そういう場に行って、何か自分の個人的な願い事をしたり、そこに流れる清浄な氣を全部吸い取って帰ろうとする人がいて、そういう行為が場を汚してしまう。ご利益があるといわれる神社に、どことなく暗い澱みがあるのは、そういう汚れが浄化され切っていないうちにまた人が来るためなのだろう。

 ところで、最近ホットスポットなるものが紹介された。放射能の濃度が局地的に高いところで、何でもない街角などにぽっかりと口を開いているのだという。何か個人的な願い事があるなら、そういうところへ行って念力をかけたらどうだろうか。自分が他人に代わって放射能を吸い取る代わりに、願い事をかなえてもらうのだ。

 ゲルマニウムなどの放射性物質をあてて行なう健康法があるが、もしかしたらホットスポットへ行くとそれと同じような効果があるかもしれない。ネズミに放射能を当て続けて「訓練」しておくと、それよりも高濃度の放射能にさらされたとき、ぴんぴんしていたという実験があるらしい。ホットスポットはそういう訓練にも使えるのではないだろうか。
 むろん確証はないが・・・。

   風海

|
|

« 祖父の武勇伝 | トップページ | アヴァン・ゲール »

宇則齋志林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/40522111

この記事へのトラックバック一覧です: ホットスポット:

« 祖父の武勇伝 | トップページ | アヴァン・ゲール »