« アヴァン・ゲール | トップページ | 汗をかきに来ているのではない »

久々に

 今日久々にハンドルネーム・ヒサ氏と会い、S市内某所にある行きつけのカレー屋へ行った。以前はよく行く界隈だったが、引っ越し以来足が遠のき、週一回、ある仕事のために行くほかは全く足を踏み入れていなかったが、今日久方ぶりで出かけて行ったのだった。

 そこのカレーはインド、スリランカ風で実にうまい。ヴィリエ・ド・コジャパヌ先生によると、そこは別格で、うまいカレーやランキングでどこが「一位」になっても、常にその上に君臨する味だそうだ。メニューは基本的にチキンカレーしかなく、変化をつけたければ、チキンを抜いてもらうくらいしかできない。本当に一つの味を守りぬいている職人の技という感じである。

 少し気になったのは、店主の伊志嶺さん(仮名)が、今日少し元気がなかったことである。いつものような気が出ていなくて、何となくだるそうであった。急に暑くなったし湿気も多いので、体調を崩しやすい昨今ではある。ぼくの思いすごしならそれでいいのだが、どこか具合が悪いのだったら、早く良くなっていただきたいものである。

 因みにハンドルネーム・ヒサ氏とは、どんな質問が一番いいかというような話をした。結論は、辞書や書物で調べなくても、すぐに応対ができ、お互いにかつてない高い次元の気づきを得られるような、抽象度の高い質問がいいということであった。
 細分化された専門知識を必要とする質問は、一見程度が高そうだが、そんなものは自分で調べればよく、わざわざ人に訊くまでもないことが多い(たとえば、アレキサンダー大王の行軍経路はどうだったのか、など)。

 これは学問の基本ではないだろうか。なんとなれば、論文の使命は、うまい問いを立て得た時点で、半ば終わっていると言っても過言ではないからである。

     風海

 

|
|

« アヴァン・ゲール | トップページ | 汗をかきに来ているのではない »

宇則齋志林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/40549410

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に:

« アヴァン・ゲール | トップページ | 汗をかきに来ているのではない »