« ヨガ体験レッスン | トップページ | 謹賀新年 »

百八の煩悩 ブログ第108話に寄せて

今日は大晦日。
除夜に撞く百八の鐘は人間の煩悩の数とも、一年を表す十二ヶ月、二十四節気、七十二候の総数とも言われています。
煩悩の解釈は難しいですが、他人の評価を気にしすぎる私の「業」に引き付けて言えば、周囲の価値判断に囚われすぎないことが煩悩を払うことになるのでしょうか。
ヨガで自分を客観視できるようになるのが取り急ぎの目標です。

さて、来年は是非とも改めたい「悪業」に、朝寝坊があります。特に寒い冬は布団から出られず、二度寝、三度寝となることも度々です。こんなんではダメだと、早起き推奨本を購入して読んでみると早起きしてホテルで朝食を食べながらの勉強会とか、早起きのためのグッズが紹介されていて、なかなか魅力的なのです。
なかでも「スリープトラッカー」という目覚まし腕時計は、使用者の睡眠サイクルを計測し、浅い眠りをキャッチしてアラームが鳴る仕組みで、スッキリ目覚められるのだとか。
欲しいなあと思ってWebで検索してみるとなんと二万円前後(泣)。

考えてみれば、ホテルの朝食や高性能腕時計は「煩悩」そのもの。「悪業」を改めるのに「煩悩」を以ってしても根本的な解決には至りません。また、早起きにしても、早起き自体が目標なのではなくて、何のために早起きするのかが重要なはずです。

結局のところ私の悪業は、自分の人生に腹をくくって挑んでないことなのかも知れません。今夜は鐘を聞きながら、新しい挑戦に思いを巡らせてみます。

    空味

Kane

梵鐘

Kijibato

吹雪の中のキジバト

|
|

« ヨガ体験レッスン | トップページ | 謹賀新年 »

荷葉漫録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/38283629

この記事へのトラックバック一覧です: 百八の煩悩 ブログ第108話に寄せて:

« ヨガ体験レッスン | トップページ | 謹賀新年 »