« 借景-風景の共生― | トップページ | カルタヘナのアンヘラ(幻視人の庭 1) »

「幻視人の庭」にようこそ

 幻視(ヴィジョネール)とは、この世にないものをあたかもあるかのごとく眺めることである。
それをするのが、幻視の人。

 バルザックがそう呼ばれた。

 それはまた、詩的想像力の別名でもあるだろう。壮大な冒険、この世ならぬ美しい世界、幸せなひと時、それを眺めて文字にする。
 幻視人とは、幻に現実性を与える人である。幻を幻のまま人々の眼の前に繰り広げ、一時の夢の世界にいざなう。そういう人に、ぼくはなりたい。

  風海

|
|

« 借景-風景の共生― | トップページ | カルタヘナのアンヘラ(幻視人の庭 1) »

幻視人の庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/36620751

この記事へのトラックバック一覧です: 「幻視人の庭」にようこそ:

« 借景-風景の共生― | トップページ | カルタヘナのアンヘラ(幻視人の庭 1) »