« おいしい?百味供養 | トップページ | 自分探しの旅-理論編・その二 »

執筆よ すゝめ

論文執筆に取り掛かろうとするが、なかなか筆が進まない。何か立派なものを書いてやろうという気が先走るからだ。そんな気負いを和らげてくれる本に出会った。
 香山リカの『文章は写経のように書くのがいい』(ミシマ社)を友人に勧められた。この本は、著者が紹介するように「書く側にとって役に立つ文章術」「書く側の”心に効く”文章術」について書かれたものである。
何がよい文章か、どうすればよい文章が書けるのかといった技術を教えてくれるものではないが、私のような遅筆家には、最初の一歩を踏み出すために役立つ考えが書かれている。

同書のチェックテストで執筆志向が評論家タイプの私にとっては、書く分量or書く時間に規定を設け、一定のペース・時間で書き続けるのがいいようだ。その条件を目指して書いていれば、達成感も味わえてストレスがなくなるだろう。

書く行為自体にセラピー効果があるそうだが、さらに、書く側にとってセラピー効果がある文章は、読者にとっても読みやすいものであるという。

自分のことを振りかえると、頭を抱えて執筆したものは、その時の苦痛が思い出されて読みにくいのかと思っていたが、他の人が読んでも、ちんぷんかんぷんなんだろうな。

とにかく、これから何か書こうとしているけど、なかなか書きだせない人にはお勧めの一冊です。

空味之介

Dscn6452_2

|
|

« おいしい?百味供養 | トップページ | 自分探しの旅-理論編・その二 »

荷葉漫録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/34556602

この記事へのトラックバック一覧です: 執筆よ すゝめ:

« おいしい?百味供養 | トップページ | 自分探しの旅-理論編・その二 »