« 大掃除 | トップページ | 泣きの一ヶ月 »

断捨離

…という文字の入った本を町で見かけて購入した。

やましたひでこ『新・片づけ術 断捨離』(マガジンハウス 2009)

である。
内容は、いかに物を捨て、機能的な家にしていくかというものだが、
語感に非常にインパクトがある。ただ要らないものを「捨てる」というよりも、
「断捨離」というと、少し次元の違う行為のような気がしてくるから不思議である。

残念ながら、ぼくの大掃除が七割がた終わった頃にこの本を読んだので、
そのメソッドを十全に利用できなかったが、本を処分するときに背中を押してくれた。

これは「断捨離」なんだと思うと、気が楽になって、ごみ置き場へ行ってもらうことが出来た。
合掌。

        風海しるす

|
|

« 大掃除 | トップページ | 泣きの一ヶ月 »

宇則齋志林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/33654613

この記事へのトラックバック一覧です: 断捨離:

« 大掃除 | トップページ | 泣きの一ヶ月 »