« 宇宙文化研究所創設のお知らせ | トップページ | 楽問のスゝメ »

2010年 万年筆の旅☆ その三

この一本!決定

Dscn5711_3

私の新しいパートナー。
ヴィスコンティのレンブラントよ。

――えっ、彼のどこが気に入ったか?
相性はもちろんよ。でも決め手は色気ね。
この心狂わす鮮やかな赤。
遠慮のない意見をズバッと言うところが若いのよね。
でも20代にはない陰影があっていいでしょ。

――ちょっと錦鯉に似てませんかですって?
いいじゃない、錦鯉。水の中をつーっと。
色っぽいでしょ。

――パートナーには自分にない部分を求めるものですが
って、あなた痛いこと言ってくれるじゃない。

――以前の方と比べた感想?
よくそんなことが聞けるわね。
でも敢えて言うなら、昔はトヨタ・カローラ。
今はアルファ ロメオかしら。とにかく官能的なのよ。

――浮気!?
そんなものする訳ないじゃない。
私の「この一本よ!」。「武士の魂よ!」

というわけで。
下から突き上げる炎、舞う火の粉が不動明王の
火焔を思わせます。
あまりのパワーに、つい筆が引っ張られてしまいますが
今までの自分になかった、もしくは隠れていた部分を
引きだしてくれるような一本にめぐり逢えた気がします。

前述のオネエさんは、浮気はしないとおっしゃってますが、
それは、これからのお付き合い次第なんでしょうか?

彼or彼女との旅はここからが始まりです☆

            空味

|
|

« 宇宙文化研究所創設のお知らせ | トップページ | 楽問のスゝメ »

荷葉漫録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/33139281

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 万年筆の旅☆ その三:

« 宇宙文化研究所創設のお知らせ | トップページ | 楽問のスゝメ »