« 夢が浮世か、浮世が夢か | トップページ | 2010年 万年筆の旅 ☆ その二 »

2010年 万年筆の旅 ☆ その一

  今使ってるWATERMANは、よく手に馴染んでるんだけど、ペン先が固くてなんかひっかかる感じがする。
そこで、「この一本!」という万年筆を求めて、最近文房具売り場をさまよっている。

Dscn5628_3

 先週は梅田ヨドバシカメラの万年筆売場で三点の万年筆を見せてもらった。

・パーカー 万年筆 デュオフォールド チェックブルー
 筆の運び、手の馴染みはよいが、ペン軸部分が狭くて何だか落ち着かない。

・パーカー 万年筆 ソネット プレミアム シルバーCT
 筆運びがいまいちピンとこない。

・カランダッシュ 万年筆 デュナス シャイニー コレクション 
 軽い。万年筆はもっと重い方が好き。

 ペン先はやっぱり柔らかい方がいいな。でも値段がupする。
 2、3万円でいい万年筆がないか、2010年万年筆の旅は続く…。
 今日はこれから北浜の専門店に行ってきます。

                              空味

|
|

« 夢が浮世か、浮世が夢か | トップページ | 2010年 万年筆の旅 ☆ その二 »

荷葉漫録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321750/33042142

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 万年筆の旅 ☆ その一:

« 夢が浮世か、浮世が夢か | トップページ | 2010年 万年筆の旅 ☆ その二 »